忍者ブログ
30代後半でアスペルガー症候群と診断された女性です。高知能もギフテッドもない予後不良群の一人です。
[1]  [2

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

誕生ってめでたいんだろうか?


もうそこからして、疑問でいっぱい。

生まれたくもないのに生まれて、
年齢がきたら行きたくもない学校に行かされて、
さらに年齢がきたらしたくもない仕事をさせられて、
あれもこれもしたくないのに、したくないことを強制されるためだけに生まれてきたのか。

そしてその強制に従わなければ生きているだけで糾弾される(例・生活保護など)。

ふつうの人もきついだろうけど、
定型でないのに定型コースに乗せられて不必要な苦しみを与えられ、義務教育のもと長所という長所、プライドというプライドをぐちゃぐちゃに踏み潰され、満身創痍な状態で社会に出される発達障害者は尚更きつい。

かといっても自殺しても地獄が待ってるっていうしねー。


べつに戦争なんかしてもしなくても、神は定期的に、人類を無差別にわし掴みにして殺す(地震、津波など)。
アリンコの群れを、水で流して遊ぶ子どものように。

命あるものは皆、神のオモチャ。


拍手

変わらせてください


一貫性がないと言われるが、自分では本当に悪気がない。
内言語不在の受動型の業なのか?
私個人の業なのか?

しかし私、こんな状態で「一貫」したくない。
自分に対する自信なんてゼロだから、いつまでも一部分童女のままの、自分が情けなくてたまらないから。
間違っていたことがわかれば、すぐに改めたいし、成長もしたい。

先日えびすさんが思い起こさせてくれた、過去の親友のぬくもり。

歴代の親友達は定型発達者だった。
ゆえに、年齢相応の精神発達をし・・・・・私が付いていけない大人になっていった。

私は変な魔法をかけられた、万年童女のようである。

教えてください。育ててください。

誰に向けてかわからないけど、そう叫んでいる。

拍手

オーラの違い


「君がきてから何か違うんだよね」
という理由で、電話でバイトをクビ宣告されたことがある。

職員5人ぐらいの小さな事務所で、皆なかよく和気あいあいみたいな家庭的なかんじの職場だった。
私は入って一週間ぐらい、とくに問題なく仕事をこなしているつもりだったのにショックだった。

「君がきてから何か・・・違うっていうか・・・どう言っていいのかわからないけど何か・・・」
電話で言いづらそうに、言葉を選びかねて困っているかんじに私は酷く傷付いた。

私は比較的空気の読めるアスペだから、過去の経験により、
「オーラが違う」
「職場が暗くなる」
「何か好きになれない」
「少人数で一緒に仕事していく仲間としてずっと付き合うのはイヤだ」
という言外の意味をすぐ理解して、「あーはいはい、わかりました」と電話を切った。

「ここでも拒絶された」と気が滅入り(慣れてはいるけど、やっぱり新たな気持ちで新たな集団に属してはそのような思いをする・・・というのを何度も何度も何度も何度も・・・味わわされると、腐ってもくる)、若かった私は傷付いて、給料を取りに行く元気も出なかった。

仕事ができなくてクビならまだいいけど、こういう理由で切られるのって、存在を全否定されたみたいで堪える。

今なら相手がいくらモゴモゴしていようと、はっきり理由を言ってください、と迫るし、給料もしっかりもらうけどね。


アスペが定型と違うオーラを持っていることは、皆さんお気付きと思う。
これが、意味なく嫌われる原因になったりするんだから、つらいよね。

いくら外観を整えて行っても、身のこなしの悪さとかどんくささとか、打てば響くリアクションができないとか、うまく雑談できないとか、嫌われオーラは先天的にまとってしまっている気がする。

定型発達者との差は、歳をとって埋められる面もあれば、逆に溝が深くなっていく面もある。



自閉症バッチ、あるなら付けて歩きたいよ。
偏見なんかより、最初から距離をおいて理解してほしい気持ちのほうが強い。

偏見っていうけど自閉症を自閉症と見てもらうんだから別に、何が困るのかわからない。
定型に化けていたって、結局距離おかれるのは時間の問題でしょ。

私は社会復帰の際には是非、全方面にカミングアウトしたい派なんだけど、やっぱりそれってリスキーなの?
取り繕わないで、等身大のまま生きていきたいよ。

定型に化けては疲れて傷付いて委縮して、いじけてばかりの自分が惨めだよ。


拍手

「えーっ」リアクション


アスペって(私って、にすべき?)基本、家族さえいればあとは一人行動でも全然淋しくないんだよね。

淋しくなるのは、外で皆友達がいるのを目のあたりにしたり、「この人いつも独り。可哀想な人」という人目を気にするからだと思う。

学生時代は、それで馬鹿にされたり見下されたり、こそこそ嘲笑されたり虐めのターゲットにもなるからね。

社会人になると、あからさまに嘲笑する人は少ないにしても、
「(ゴールデンウイークやクリスマス)どこに行くの?誰と行くの?」
「彼氏は?友達は?」
「えーっ、独り?さみしくない?」
などの「えーっ」リアクション(←これけっこうデリカシーないよね)の嵐にうんざりする。

世間がふつうに認めてさえくれれば、べつに淋しさを感じなくていいようなことでも、「孤独な人」「淋しい人」という他者から見られる自分像により、自己否定感や屈辱感ができあがる。
べつに本当は、自己否定も屈辱感も感じる必要のないようなことなんだけどね。
でもなんでか定型社会はそれを感じるようにつくられている。

クリスマスに独りぼっちが淋しく感じるようになっているのも、その淋しさは世間から抱かされた自己イメージによるもので、真性のものではないんだよね。

私は自分がマイノリティだから、他人にどんなカミングアウトをされても「えーっ」リアクションはとらない自信がある。
レズでもホモでも前科者でも「あ、そうなの~」と普通に共感的相槌を返す自信あるな。

何かのマイノリティな痛みを感じている人ばかりだと、世の中生きやすく、委縮する必要もなくなるんだけど、人間というのは多数派の安心感にはまっている人達ほどデリカシーないから、ますます喋るのイヤんなる。

拍手

委縮


視線は合いづらいけれども、まったく合わないことはない。
もともとはアスペというよりシャイの範疇だったかと思う。

が、近頃、本格的に人の目が見られなくなってきた・・・・自閉度アップ。
外に出るのがつらい。

立派に働いて社会的に機能している人達が誰もかれも眩しく、なんで私はちゃんとした大人になれなかったのか、いつまでも社会的部分が童女のままなのか、屈辱感や劣等感でうつむきがちの上目遣いとなる。
気の弱い子供そのままだ。

スーパーに買い物に行くだけでも、レジ係の同年代の女性・・・試食コーナーで声を張り上げている若い女の子・・・もう全員がまぶしくてつらくなってきた。
このままじゃ重症の引きこもりになりそうだな・・・。

年齢相応の部分もあるのに、脳の何分の一かは確実子供のままで止まっている。
私は本当の意味であちら側(定型発達者側)には行けない・・・・

診断を受けてからはっきりと、そういうことを自覚するようになって、きついなぁ。

じゃあ自分がアスペだと知らないほうがよかったかというと、やっぱり知ってよかった。
マイノリティでも属性がある(=仲間がいる)だけいい。
けど、診断から日が浅いせいか今きつい。

何とか、この時期を乗り越えたいものだ。

いつまでも大人になれない人をピーターパンって言うらしいけど、おばはんのピーターパンなんて舌噛み切りたいほどの屈辱である。

拍手


プロフィール
HN:Solitude
性別:女
自己紹介:正式診断済みの受動型アスペルガーです。高知能も高学歴もギフテッドもなし。セクシャリティにも問題あり。これからどうやって生きていこうか模索中。メールアドレスはxxxxsolitu★dexx★xx@ya★hoo.co.jp (★3つ取り除いてください)
最新コメント
[03/09 ゆうな]
[03/08 ゆうな]
[02/14 Solitude]
[02/13 ゆう]
[02/05 Solitude]
[02/03 メリー]
[01/31 Solitude]
[01/31 えびす]
[01/26 千里]
[01/26 Solitude]
[01/24 千里]
[01/21 Solitude]
[01/21 Solitude]
[01/19 なつみ]
[01/19 なつみ]
[01/17 Solitude]
[01/16 ゆうな]
[01/16 久遠咲乃]
[01/08 tembo]
[01/08 ゆうな]
[01/02 千里]
[12/31 tembo]
[12/14 通りすがりの猫]
[12/09 ゆうな]
[12/06 ゆうな]

忍者ブログ [PR]

[著作権 Solitude] graphics by アンの小箱 * designed by Anne






PR