忍者ブログ
30代後半でアスペルガー症候群と診断された女性です。高知能もギフテッドもない予後不良群の一人です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発達障害?んなもんねーよ、説は横暴


今話題になっている漫画ブログが、発達障害児の親御さんの心をえぐっているかんじがするので、書く。

私もじつはずっと自然治癒派だったけど(まだ結婚やら出産やらに憧れていた20代の頃ね。でも、自分がこんなに粗悪かつ強力な遺伝子の持ち主だとわかった今は、生まなくてよかったと心から思うけど・・・あ、勿論既に生まれたアスペっ子を否定するつもりはないし、心から幸せになってほしいとは思っていますよ、念の為)


「発達障害、んなもんねーよ」というのは、ADHDに限定するならまだちょっとはわかる。だって成人して普通になる人多いもん。
でも行為障害や反抗挑戦性障害まで行っている子達はある意味アスペより強烈で、大変だなぁと思う。
これらをすべて親の教育のせいとするのは横暴だろう。

内臓疾患のようにはっきり数値に表れないから病気じゃないって、それならアウアウしか言えない重度知的障害者なんかも「知的障害なんか、ねーよ」と言うつもりなんだろうか?彼らも発達障害と同じく、知能テストの数字だけで決められているんですけど(ダウン症などの染色体異常は除き)。

ところで、少年院でもほとんどの子がADHDらしいね。アスペは少ないらしい。

アスペとADHDは重複も多いけど、私が思うに、アスペとADHDのもっともたる違いは、「ヤンキーグループに入れるか否か」だと思っている。
アスペは入れない。集団プレイで非行を起こすのはADHDの子達だと思う。
アスペは酒鬼薔薇とか宮崎勤とか必ず単独犯行なのが特徴である。
彼らこそ、子供の頃にしかるべき診断を受け投薬でも受けていたら、ああはならなかったかもしれない。
結局、何が吉か凶かなんて、子供が成人してからじゃないとわからない。


でもまぁ、薬はちょっと気を付けたほうがいいかもね。
自尊心が本人も親ももうボロボロ、このままいくと殺してしまいそう・・・とか、この子の良いところまで潰してしまっている・・・とか、そこまで追い詰まった場合には飲ませていいと思う。

ただ医師の言うことを盲信せず、子供の様子をしっかりしっかり見つめることは大事かと思う。

発達障害児のおかん、がんばってね。emoji


■追記■
例のごとく眠剤が効いてから書いた記憶のないエントリ(苦笑)
めちゃ偉そうですね、スンマセン。

拍手

もうご優秀伝説はいらない!


雅子さまネタの反響がすごいので(私のブログの中では、ですが(汗))、今後どれだけ書くかわからないけど、カテゴリ作りました。
(※一応うちのブログとしては「雅子さまはアスペルガーである」というのが前提になっております。愛子さまはおそらく中~高機能の自閉症だと予測していますが、確信ではありません。)

さて。

先日の美智子さまの御誕生日の文書は、胸が詰まる思いだった。
なんかもう、最後の力を振り絞って懸命に、お妃としてあるべき姿を、後ろ姿で伝えよう、伝えようという思いがびんびんに伝わってきて・・・。
誰に伝えるってもちろん雅子さまにである。内心は紀子さまへのメッセージなのかなと勘ぐりもしてみたが、何度読んでも雅子さまにだ。

でも雅子さまがアスペであるならば、残念ながら「後ろ姿から学ぶ」は極めて困難であろう。
無言のメッセージや遠回しのメッセージなんて、通じない通じない。
だいたい雅子さまの目は、いまだに小和田のご両親のほうを向いてしまっている。
あちらを向きながらこちらも向くなんていうのはシングルフォーカスのアスペには無理である・・・。

アスペは初期入力(=幼児期の教育など)がとくに大事で、一度刷り込まれたものはなかなか別の考えに変更はできない。
雅子さまの価値感は、ハリボテでも履歴のハクがあるもん勝ち、権力のあるもん勝ち・・・という小和田家イズムをまともに受け継いでしまっており、いまだにそのことに何の疑問も感じていらっしゃらないようにお見受けする。

だから我が子に対しても権力でハリボテの優秀さにこだわるし、必死で欠点を隠しご優秀伝説を流し・・・でもそのことによって「○才にもなって○○もできない」という批判を受けてしまい、愛子さまなりに頑張っても、ちっとも評価されず、可哀想なことになってしまっている。
この可哀想さに気付かないのか、どうでもいいのか、どっちなんだろう・・・。

たとえ方向性は間違っていても、愛子さまに対する母としての愛情はあると思っていたが、最近それすら怪しく感じている。

そして皇太子殿下も含め、未来の国父・国母としての自覚があまりにも足りない。現状、皆無と言ってよいだろう。
現天皇・皇后は昔から、3人の我が子の父母である前に、国民皆の父母だった。
でも皇太子ご夫妻は愛子さまばかり・・・。愛子さまのためなら他の生徒も悪者として晒す、これも我が子可愛さというより、発達障害を認めたくないあまりに他の子のせいにするという、最悪な選択である。

「自閉症とは不本意」発言からもうかがえる。国民皆の父母の自覚があるなら、まず出てこないセリフだ。愛子は健常児でたいへん健やかに育っているのよ、だもんね・・・(自閉っ子は健やかじゃないのかよ!というツッコミを皆さん入れたと思うが・・・)


ハリボテ学歴・職歴なんて、私はぜんぜん雅子さまの実力ではないと思っているけど(コネというものは、社会の上の層に行けば行くほど、えげつないほど効くのである・・・とりあえず小和田家は、チッソの家系でありながら娘を皇室にねじこむことに成功した、そのぐらいの権力ある親だったのは確かである)
やることなすこと、首を絞めていて・・・とてもとても、聡明な方には見えない。

さらにずばっと言ってしまうと、あのTPO関係ない毎回一律の笑顔と御手振り・・・あれが現状の雅子さまの、お妃としての全実力だと私は踏んでいる。


もうだから、カミングアウトしたほうがいいですよ。
それがいちばん幸せになれると思いますよ。
幸せになってくださいよ。

どこかで読んだ「3つの泡」の話、私泣けました。
(要約:愛子さまの障害をありのまま受け入れ、障害者福祉の宮様として3人で頑張れば3人にとって一番幸せだった。でももう遅いっていう・・・)
やっぱりそれしか幸せになる方法は、なかったのですよ。
でもまだ遅くはないと思う。

拍手

拍手コメにもお返事することにしました♪


書かれたら嫌な人、内緒話の人は、そう書いておいてくださいね。

このへんのローカルルールってジャンルによってかなり違いますよね。
このジャンル(発達障害系)は、拍手コメにも返信する人が多いみたいなので、私もそうします。

>kumiさん
ありがとうございました。ほんと私も感謝です。
リアルでは生きてていいのかなというほど落ち込むことが多いので、少しでも役に立ててたらこんなに嬉しいことはないです。

30年も暗中模索で耐えていらっしゃったということで・・・大変だったでしょう。
それでも捨てずに寄り添われてきたことに、アスペ族の一人として感謝します。

解説書抜きには、誤解ばかりになってしまいますよね、お互い・・・。
これからは幸せになってくださることを祈っています。
あと、文章とってもお上手ですよ。表でもお待ちしています。


>usuyamiさん
お嬢さんが受動型とのこと、

>彼女が中学の頃に聞いた講演会で聞いたひと言が忘れられません。曰く「受動型の子どもの辛さを親は過小評価しがちです。」

たしかに・・・親だけでなく周囲も、自覚がないと本人すらも自分の痛みに鈍かったりします。これが受動型の予後の悪くなるところだと思います。

私も、たとえば全盲なのに点字ではなく念力で文字を読もうとするような、不毛な努力ばかり続けてきて、当然何一つ実りませんでした。
「いやあの子は点字じゃなきゃ読めないけどあなたは読めるでしょー」という扱いを受けるのが受動型です。
一事が万事そういう扱いです。そりゃ鬱になります。

兄弟そろってアスペの親御さんでも、表面的にパニックのきつい方の子ばかりを問題視して、おとなしい受動型の子は障害者コースに乗せるつもりはない・・・と言いきっている親御さんもいらっしゃいますね。
もう、いぃいーーーーっ o((><))o となります。
断言してもいいけど、将来予後が悪いのはその手のかからない、受動型の子のほうだよと。
手厚い支援を受けられるほうはいいのよ、それなりの所におさまれるから。と。


あんまり人のブログに意見するとうざい人になってしまうので、自分のブログで地味に吠え続けたいと思います。


拍手コメくださる人は文章もとてもお上手で、読む人の参考になることも沢山書いてくださっているので、気が向いたら表に書き込んでくださいね。


今わたし人淋しいのか、いろんな人と話したい気持ちがあります。

本も少しずつ読んでいます。まだ図書館通いする元気はないし、発達障害系の本は高いので、Anmazonでディスカウントされたのを一冊ずつ・・・てかんじですが。
またレビューもしますね。
でも他の方達がおすすめ!とされている本は私の心を素通りするものも多いです。なんででしょうね、やっぱりタイプや相性ってもんがあるんでしょうね。


拍手

拍手コメありがとうございます


原則、拍手コメは内緒話と思っているので、コメント返しはしないのですが、ありがたい拍手コメ、いつも嬉しく読ませていただいています。

おすすめの本もお役に立ててよかったです。嬉しいです。

私なんか、リアル生活では何をやっても・やらなくても、迷惑ばっかりかけるゴミですからーーーーっemojiemojiemoji
わおーーーーんemoji
 
 
あと受動型アスペと診断されて、納得いかなかったけど、私のブログを読んで納得いったというコメを入れてくれた人達や、自分もそうだと確信したという人達も、おかげ様で両手を超えるぐらいの人数になりました。

私自身もテクテクさんのブログで覚醒した一人なので、やっぱり受動型は、受動型の人の体験談しかピンとこないと思います、経験上。


でも本当に、アスペの頑張りってのは、あさっての方向に弾けてしまいますね・・・
頑張ろうと思って頑張ることは、ことごとく周囲が望んでいないことで、迷惑になったりする。
皆様が知っている例を出せば、雅子さまの愛子さま付き添い騒動などがソレでしたね。
あれは雅子さまは本気で頑張っておられたのだと思いますよ。
ところが散々な評価で深くお傷付きになったと・・・。
お傷付きじゃなくてお気付きになればよかったんですが、アスペハートは幼児レベルですからね。
深く傷付いたらもう、思考がそこから先に進みません。

まーとにかく、大変大変。
早く、一刻も早く、ご自分の大きな使命に気付いていただきたいもんです。
私なんか庶民のしかも下層民ですから、使命ったって知れてます。
雅子様がうらやましいですよ。しっかり!!!!!!
 
 
PS.質問です。
拍手コメをくださる方々、スルー希望ですか?

それとも、レス有りのほうがいいですか?
お返事お待ちしています。

拍手

受動型でも理解してもらいやすい本


もうちょっと落ち着いてからレビューしようと思っていたが、親に理解してもらえなくて苦しんでいるという人が多いので、取り急ぎ、わかってもらいやすい本を2つ紹介。


アスペルガー症候群と付いた本は山ほどあるけど、この2冊はわかりづらい受動型の私の親でも納得いったそうです。

2010年以前に出たような本はやはり積極奇異などわかりやすいタイプのアスペばかりで、親は納得しませんでした。もちろん私自身も「・・・違う~!!」。

2011年以降に出た本はわりと良くなっているようです。
とくに左の本は簡易解説書として最適かもしれない。

右の本は、私のお気に入り。
アスペなんて社会に出てもサポートの人件費もろもろで世の中にぜんぜんプラスじゃないと言いきっているのが痛快でした(自分の属性がこうだからってのもあるけど(汗))。
   ↑
  
あ、うろ覚えで要約していますよ。実際はもっと遠回しにやさしく書いてあります。
でもこの時点で傷付きそうだと思った人は読まないほうがいいかも。

拍手


プロフィール
HN:Solitude
性別:女
自己紹介:正式診断済みの受動型アスペルガーです。高知能も高学歴もギフテッドもなし。セクシャリティにも問題あり。これからどうやって生きていこうか模索中。メールアドレスはxxxxsolitu★dexx★xx@ya★hoo.co.jp (★3つ取り除いてください)
最新コメント
[03/09 ゆうな]
[03/08 ゆうな]
[02/14 Solitude]
[02/13 ゆう]
[02/05 Solitude]
[02/03 メリー]
[01/31 Solitude]
[01/31 えびす]
[01/26 千里]
[01/26 Solitude]
[01/24 千里]
[01/21 Solitude]
[01/21 Solitude]
[01/19 なつみ]
[01/19 なつみ]
[01/17 Solitude]
[01/16 ゆうな]
[01/16 久遠咲乃]
[01/08 tembo]
[01/08 ゆうな]
[01/02 千里]
[12/31 tembo]
[12/14 通りすがりの猫]
[12/09 ゆうな]
[12/06 ゆうな]

忍者ブログ [PR]

[著作権 Solitude] graphics by アンの小箱 * designed by Anne






PR