忍者ブログ
30代後半でアスペルガー症候群と診断された女性です。高知能もギフテッドもない予後不良群の一人です。
[33]  [29]  [32]  [31]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [21

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

住処はダンボールでも心は錦な人達


アスペの人ならきっと、ホームレスと呼ばれる人達にはシンパシーを感じるのではないだろうか。
(感じない人は、かなり恵まれた層のアスペさんだと思う。あるいはまだ若すぎて危機感がないか)

別にデータを見るまでもなく、彼らの大半が我らの同胞(発達障害者)であることは容易に想像つく。
大人として健全な人間関係を築けていたら、無職になったからってそうそうホームレスにはならないだろうし・・・。

まぁ恵まれた立場から正論を吐くのは簡単なわけであるが、実際、身内が死んで、友人知人も一切なく住む所も追い出され、仕事もなく役所にも相手にされないとなったら、ホームレスになるか犯罪を犯して刑務所入りかの二者択一ぐらいしかないと思うんだけど、皆さんならどっちを選ぶだろうか。

私なら、刑務所入りを選ぶな。
凍死するのイヤだし。
殺人まではできないと思うけど、窃盗でもしてとりあえず警察に保護してもらうかな。

そう考えたら、あんなに生物としての窮地に追い込まれながら窃盗や恐喝の一つもしないなんて、ホームレスを選んだ人達というのは、かなり人間的に上質な人達だと思う。

毎年凍死者が出ているようで、キリスト教団体が弔っているようだけど、いっそ目立つところに遺体を放置して国に抗議するのも手だと思う。
北朝鮮並みに死体がごろごろ転がる国、日本。

私がもしホームレスとして最後まで頑張って生きて息絶えたとしたら、そうしてほしいな。
死者への冒涜なんて思わないよ。遺体を晒してもらうことで今生の人生の総決算ってかんじもするし。

でもやっぱり、隠ぺい体質なこの国でそこまで生命をはる価値も感じないから、刑務所入りを選ぶな。

拍手


無題
どの記事も本当に考えさせて頂きつつ、
拝読する毎日です。

うちの息子は、3歳の時点で、
「ママ。僕、橋の下に住みたい。」
と、京都駅付近の奈良線の高架下を通れば、
その都度その都度、言っていました。

家、嫌だったのかなぁ、と、今、思えました。



>いっそ目立つところに遺体を放置して国に抗議するのも手だと思う。

考えたことがない発想でした。ホームレス支援にわたしは携わっていませんが、携わっている周辺に、このコトバの深さを、おせっかいですが、伝えさせて頂きますね(^-^)
>ぴーまんさん
ただの死体じゃ酔っ払いの脳溢血と間違われるかもしれないので、「ホームレス凍死」の旗かダンボールカードを立てておいてほしいです。

でも、他のホームレスの人達がどう取るかはわかりませんが・・・
無題
私の場合は、ホームレスを選択します!
定形に囲まれて逃げ場も無い刑務所や精神病院で死ぬまで隔離されるよりはまし。。
>NONAMEさん
たしかに集団生活もきつそうですけど、刑務所は原則私語禁止だからコミュニケーション力は必要なさそうです。
いじめには遭うかもしれませんが。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメントは拍手欄からお願いします
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:Solitude
性別:女
自己紹介:正式診断済みの受動型アスペルガーです。高知能も高学歴もギフテッドもなし。セクシャリティにも問題あり。これからどうやって生きていこうか模索中。メールアドレスはxxxxsolitu★dexx★xx@ya★hoo.co.jp (★3つ取り除いてください)
最新コメント
[03/09 ゆうな]
[03/08 ゆうな]
[02/14 Solitude]
[02/13 ゆう]
[02/05 Solitude]
[02/03 メリー]
[01/31 Solitude]
[01/31 えびす]
[01/26 千里]
[01/26 Solitude]
[01/24 千里]
[01/21 Solitude]
[01/21 Solitude]
[01/19 なつみ]
[01/19 なつみ]
[01/17 Solitude]
[01/16 ゆうな]
[01/16 久遠咲乃]
[01/08 tembo]
[01/08 ゆうな]
[01/02 千里]
[12/31 tembo]
[12/14 通りすがりの猫]
[12/09 ゆうな]
[12/06 ゆうな]

忍者ブログ [PR]

[著作権 Solitude] graphics by アンの小箱 * designed by Anne






PR